東京の新しいシンボル「東京スカイツリー」を遠望 ~伝統美と近未来的デザインが融合した世界一の電波塔~


△2012年に完成した世界一の高さ(634m)を誇る電波塔「東京スカイツリー」

窓外を見渡すとパレットタウンの先に東京スカイツリーがそびえているのを観ることができます。東京スカイツリーは世界一の高さ(634m)を誇る自立式電波塔。

2012年5月22日に開業し東京の新しいシンボルとして親しまれています。634mというその高さはエリア一帯の旧国名が武蔵野国(むさしのくに)であったことにちなんでいます。

東京スカイツリーは「空に向かって伸びる木」がイメージされ、日本の伝統美と近未来的デザインを融合した設計が施されています。地上350m、450m地点には展望台も設置。

△テレコムセンター展望台から眺める東京スカイツリーと窓際に設置されている望遠鏡(利用無料)

 東京京スカイツリーの外観は日本の伝統色である藍白色がベースになっています。テレコムセンター展望台からはその色が天候や光の角度などによって異なって見えるのも興味深いところです。

△夕陽を反射して黄金色に染まる東京スカイツリー

△光の角度によって烏色に見えることも

(東京お台場)テレコムセンター21階展望台DATA
(住所)東京都江東区青海2-5-10 テレコムセンタービルEAST 21F(受付は20F)
(交通アクセス)鉄道: ゆりかもめテレコムセンター駅下車すぐ/車:首都高速台場出入口から5分

(入場料)大人500円、子供300円
(営業時間 )15~21時(土・日曜、祝日は11時~21時)、最終入館20時30分
(休み)月曜(祝日の場合は翌営業日)、年末年始
(電話)03-5500-0021
(その他)団体利用などで貸し切りになることもあります。詳細はテレコムセンター展望台の公式HPをご確認ください



△テレコムセンタービル
お台場 大江戸温泉物語の隣にある、フランスの凱旋門のような形をしたビルがテレコムセンタービルです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク