テレコムセンター展望台から見る臨海新交通システムゆりかもめ

~東京五輪のアクセス鉄道としても期待が高まる新交通システム~

テレコムセンター展望台のあるお台場には、さまざまな乗り物が走っています。そのひとつが「臨海新交通システムゆりかもめ」です。

「臨海新交通システムゆりかもめ」は東京都港区の新橋駅から、テレコムセンター駅を経由して、東京都江東区の豊洲駅を結ぶ全長約14.7kmの新交通システムです。

△東京湾を眼下に走る新型ゆりかもめ7300系(青海-テレコムセンター駅間)

「臨海新交通システムゆりかもめ」の列車は、高架から都心や臨海副都心の風景を見渡しながら走っていきます。芝浦ふ頭駅~台場間には、橋長798ⅿを誇る吊り橋「レインボーブリッジ」を渡るダイナミックなシーンも。

車両には従来の(7000系・7200系)に加え、白色ベースの外観がスタイリッシュな新型車両(7300系)が2015年に登場。

7300系車両の窓には紫外線などの透過率が低いグリーンガラスが採用。内装は白、ライトグリーンをベースに深海がイメージされた青色のロングシートが配されています。

△白い車体が印象的な、ゆりかもめの新型車両7300系

△旧車両(7000系、7200系)も活躍中

(東京お台場)テレコムセンター21階展望台DATA
(住所)東京都江東区青海2-5-10 テレコムセンタービルEAST 21F(受付は20F)
(交通アクセス)鉄道: ゆりかもめテレコムセンター駅下車すぐ/車:首都高速台場出入口から5分

(入場料)大人500円、子供300円
(営業時間 )15~21時(土・日曜、祝日は11時~21時)、最終入館20時30分
(休み)月曜(祝日の場合は翌営業日)、年末年始
(電話)03-5500-0021
(その他)団体利用などで貸し切りになることもあります。詳細はテレコムセンター展望台の公式HPをご確認ください



△テレコムセンタービル
お台場 大江戸温泉物語の隣にある、フランスの凱旋門のような形をしたビルがテレコムセンタービルです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク